SE転職ガンバガンバ
  • HOME >>
  • エンジニア転職で別の業種に変わって働く

エンジニア転職で別の業種に変わって働く

エンジニアの転職では、異業種に職を変えるのは困難であるという印象が強いですが、本当のところはどうなのでしょうか?結果から述べますと、異なる業種にシステムエンジニアプログラマー希望するのは簡単ではありません。経験者と未経験者が同時に面接に来た場合、業務経験のある人を選択する人事担当者が多いものです。

ただ、絶対に不可能というわけではありませんので、懸命に努力を重ねれば違う業種の会社に就職できることもあります。お給料アップを目指してプログラマー希望希望の方もたくさんおられるでしょう。

システムエンジニアプログラマー希望によって年収の増加を期待できる可能性があります。けれど、年収が逆に落ちてしまうリスクもあるということを十分考えておきましょう。年収のアップを成功させるためには、落ち着いて報酬の高い仕事を探すことがどれだけできるかが大事な点となります。

通常、システムエンジニア転職する時、有利とされている資格の一つに中小企業診断士をあげることができます。

業務に特化したエンジニアを売りにして仕事を進めていくという方法もあります。例えばですが、中小企業診断士資格を取得すると、経営知識が豊富であることを証明できるため、その会社にとって貴重な存在であると認めてもらうことができます。法律に関する知識が豊富な行政書士やお金に詳しいことを証明するファイナンシャルプランナーも、転職する際には有利でしょう。

一つ言うまでもないことなのですが一応言っておきますと面接の場では、身だしなみには注意すべきことを忘れずにいましょう。
清潔な印象のある装いで面接に臨むということがポイントです。

平常心ではいられないと思いますが、模擬練習をしておき、プロジェクトマネージメントの準備をしておきましょう。面接の時に問われることは大体決められていますので、前もって答えを用意しておくことが大切です。

年齢なんて気にしないでください。というのも、年齢が33歳未満ならば防衛省職員、その他国家エンジニア一種について採用試験があるんです。公務員でも門戸が開かれているのですから、エンジニアであればなおさらだと言えます。
知ってましたか?また29歳〜40歳の間ということなら、国家エンジニアになれるかも。最近は国ぐるみでのIT施策も広がってきていますからね。

いずれにしても、採用試験を受けることができます。
全体としてみると年齢で制限されてしまうのは良くないという方向であり、終身雇用が崩れた時代になって、3,40代の方々が社会人経験ある立場からエンジニアになるというケースそのものも高まっているのです。

PAGE TOP

SE転職クランバ
Copyright (C) 2014 SE転職クランバ&ガンバMan All Rights Reserved.
SE転職ガンバガンバ