SE転職ガンバガンバ
  • HOME >>
  • 前の会社でのエンジニアとしての成果を

前の会社でのエンジニアとしての成果を

どういう部門でどういった仕事をこなしてきて、その結果、どういった成果が獲得できるに至ったのかや、業務上どう変わったのかなどの、記述をすることで、採用担当者の目に留まることも多くなるでしょう。

履歴書というものの書き方がどうもよく分からないという人はかなりの数に上るでしょうが、インターネットが使えるのなら履歴書の書き方例のサンプル集などもUPされていますので、情報の真偽を確かめながら実際に履歴書を手配してみると良いのではないでしょうか。「給料をアップしたい!」、キャリアパスを考えた仕事を、と考え、その結果、有名企業への中途入社を虎視眈々と狙う人も増えているということです!プログラマー転職先が一向に決まらない時は、注意しましょう。

大事なのは落ちつくこと。
そして根本的な問題が発生していないかを落ち着いて考え直してみたり、リフレッシュすることも大切です。転職をしようかなと考えた場合、いの一番に、最も身近な存在である家族に相談をする方がほとんどです。家庭がおありの方なら、家族の誰にも伝えないままで職を変わるということは避けるほうが賢明ですからね。

家族に内緒でエンジニア転職してしまったら、それが原因で離婚になることもあります。転職するためには持っていた方が良い業界開発スキルも存在しますので、プログラマー転職を考える際には取得も視野に入れましょう。
今までとは違う分野に転職するなら特に、経験者ではないのですから、志願者の中では不利な立場なので、その分野のプロジェクトにあると良い資格を先に取得するといいのではないでしょうか。
資格を持つ人全員が採用を勝ち取るわけではありません。労働時間の長さが原因で辞めた時は「生産性に重きを置いた仕事を希望したい」、開発プロジェクトを辞める理由がやりがいを感じられないという場合は「環境を変え、新しい自分を発見したい」と記載すると問題はないでしょう。

エンジニアの仕事には資格は不要という声も聞きます。実際のところはどうなのかというとこれは現場にもよります。一般的にエンジニアの仕事、特にITエンジニアの仕事では資格は不要で国家資格がなくても仕事ができるものがほとんどです。むしろ現場経験が優遇されることの方が多いと思います。

しかし現場によっては資格があった方が有利というところもまたあります。ただそれはITスキルエビデンスとしての資格ではなくて、業務に関する資格の方が多いですね。

PAGE TOP

Copyright (C) 2014 SE転職クランバ&ガンバMan All Rights Reserved.
SE転職ガンバガンバ