SE転職ガンバガンバ
  • HOME >>
  • エンジニアの仕事は負担が大きい

エンジニアの仕事は負担が大きい

エンジニアの仕事はとても負担の大きな仕事です。それは消防士のように体力的に削られていくというものではないですが、精神的に蝕まれていくということです。

そのため、今の仕事から抜け出したいと思って転職活動をする人もかなりの数に上ります。しかしそういう人というのは得てして考え込むタイプとなります。そのため、転職活動が上手くいかない場合もまた考え込んでふさぎ込む場合もまた多いのです。

それ故、エンジニア転職をしたい気持ちは山々なのに次がすぐにない時代で、うつ病と診断される人もいます。

うつ病の症状を発症すると、数日間や数週間で治療を終えることがほぼ不可能な長期間を要するため、経済面での不安が追加されてメンタル的にもっと危機を感じます。

転職のために応募を何箇所かしはじめる活動をしていると、なかなか決まらない焦りから限界を感じて、苦痛からの脱出そのものが無理に思えて思考がフリーズすることも多いです。
自分ひとりでなんとかしようと行動を続けずに、苦しみの初期段階で、専門家に相談のできる窓口を探して訪問しましょう。

しかし、今の時代、望まれているのはどんな資格をもっているかではなく実際にどう働いたかであり資格を所持していない場合でも業務に携わり働いてきた人の方が合否に有利に働くとも言われています。
専門職においては、求人へ募集をする際に指定されている業界開発スキルを保有していることが条件と謳われている求人もあり、専門職の仕事については、業界開発スキルの保有というものがとても有利になるということは明らかです。
実際に、プログラマー転職を考える時に重要になってくるのは、多くのリクルート情報の中で自分にマッチした転職先を探し出すということです。そうするためには、様々な手段で求人広告を調べましょう。

中にはここだけの求人情報もあったりするので、エンジニア転職サイトやアプリはいくつか掛け持ちして使った方がよいでしょう。ゆっくり自分のペースで行って失敗のないSE転職をしてくださいね。志望動機と自己PRは切り離しにくいものですが、自分を売り込むフレーズが多少入るのは良いですが、内容にまとまりがない人が多いので、おのおの、本来、別物だということを留意して書き、バランスを意識するのもよいかもしれませんね。

PAGE TOP

Copyright (C) 2014 SE転職クランバ&ガンバMan All Rights Reserved.
SE転職ガンバガンバ